アコギ試奏 試すのは『弾く事』ともう一つは『音』 どうチェックするか?

今日少し時間があったので、楽器屋でアコギを試奏していました。試奏したのはコチラ↓↓


試奏での確認項目といえば

・ネックを握った時の左手のしっくり感
・ロー、ハイポジション時の弦高
・全体的な作り、傷や状態、見た目
・音をチェックしながら、弾いた時の感触


上記あたりが、僕のチェック項目ですが何が良くて、何が良くないのか等という指標は自分の感覚で万人にコレと言うのは難しいもの。極論すれば

弾いてみて『いいな』と思えば○(マル)

かと。あとは価格とのバランスを考えればOK。

さてその弾いてみて...ですが中には試奏って何を弾いていいのか、わからないという方もいらっしゃるかも。

弾き語り中心の僕の場合、コード弾き中心のアルペジオやストロークぐらい。でもよく見かけるカッコいいフレーズを試奏している方に気後れすることありません。試奏の目的は、あくまでも演奏ではないので。

そうは言ってもあまり弾けないって方は、僕もよくやる

『僕に向かって弾いてくれませんか?』

と店員さんに頼むのはいかがかと。

実際他人に聞こえるサウンドホール前から目当てのアコギのサウンドのチェックはかなり有用。コレ結構おすすめです。

なんて言っても店員さんもアコギ好きが基本多いもの。言われて嫌がるどころか、店員さんも饒舌になり色々とお話が聞けるのが僕の経験値。

試奏は弾くフィーリングだけでなく、音の好みもチェックする場。

音のチェックにご一考下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク