今さらながら考える アコギの音はマイクどりかピックアップか

早速ながらタイトルの話。

音の話だけに、好みの問題がありプレースタイルまたジャンルもあるので答えは一つでないのは確か。とはいえ一般的には

「一番自然な音はマイクどり」

と、あちらこちらで言われる事。

確かにピックアップ(PU)独特の音、例えばピエゾ臭さのプリプリ感が強いものがあるのでマイクどりがより自然...な感じが。

そんな悶々とした思いの中で見つけたコチラのサイトに面白い記事が。その面白い記事とは、PU派のあの中川イサト氏の言葉。

『ある程度の音の大きさがないと、イメージどおりに届かない』

さらに

『音が届いていないと思うと、ピッキングが強くなり楽曲の本来あるべき表現から離れてしまう』

アコギインスト界の大御所の言葉であり、弾き語りの自分とは違うも妙に腹におさまる言葉でした。

自然な音とは、耳に入る音そのものだけでなく

自分が自然にプレイでき、その曲を自然な表現に導く音

でもあるのでないかと。

そう考えれば、マイクの位置をキープするために、じーっとしながら歌うのが苦手な僕が出せる自然な音はPUの方かと思った次第です。

※参考サイト
ギター趣味人「ピックアップ派かマイク派か」

スポンサーリンク

スポンサーリンク