世界に愛される国からのアコギ 良心的な価格と質

入門者用セットをはじめとして、廉価なアコギがあちらこちらで販売されてます。それらの生産は、多くが中国やインドネシア等アジア地区で生産されたもの。人件費等コスト削減に取り組んで生み出されたモデル達。

ただこれらの地域生産されたモデル達にも、それなりの価格や品質の物があるので生産国によってどうだこうだというのはナンセンスか?

ところで、2013年人気国ランキングは


  • 1位:ドイツ
  • 2位:カナダ
  • 3位:イギリス


なのだそう。確かにいずれも漠然と好感度が高いだろうと納得する国々達。

その中で、2位のカナダ。大自然に囲まれた国でその国民性は

フレンドリーで、大らかで、礼儀正しくて(あくまでイメージですが)

そんな人気国のカナダはアコギ生産でも有名でSeagull (シーガル)等、身の丈にあった価格帯で良心的なモデルを生産・販売している国。


コチラは1972年からカナダで生産している「Norman」のモデル。色々と独自技術を盛り込まれたこのモデルも国産モデルか、それ以下で購入できそう。

さて

> 生産国によってどうだこうだというのはナンセンスか?

生産国が世界から愛されている国の方が、所有していて気持ちイイことにはかわりないですね。

ちなみに僕は、日本製を3本所有。日本は「第4位」だそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク