ライブ用アコギとしてベースになるモデルを考えてみる

ライブにどのようなアコギを使うか?コレに対する答えは2通りあるのかと。


  • とっておきの一本を使う
  • 気軽にガンガン弾けるのを使う


どちらもある意味正解でしょうが。僕の場合は、どちらかと言えば後者より。

と言うか所有しているアコギは、定価10万円程度ばかりでとっておきの一本というには価格面ではややインパクトに欠けるのは否めない感じ。

これは以前より考えている事ですが、3万円程度のアコギをライブ用にベースアコギとして購入はいかがなものかと。例えば、そんな候補は↓↓こんな感じだったりします。

Headway HCD-50S AN【送料無料】【smtb-tk】
Headway HCD-50S AN【送料無料】【smtb-tk】
価格:32,800円(税込、送料込)


二つのモデルに共通するのは、その価格帯だけでなく


  1. 国産ブランドのモデル(中国製ですが)
  2. トップ単板のサイド・バックがローズウッド(合板ですが)


ということ。

しかし1.に関して、HEADWAY(ヘッドウェイ)もMorris(モーリス)も手工メーカーとしても、プレミアムなモデルを製作するメーカー。この価格帯は


  • 日本の職人が指導を行って製作している海外生産モデル(HEADWAY)
  • 松本工場にて点検/調整を行ってから出荷している海外生産モデル(Morris)


とあるように、得体の知れないものでは決してありません。

次に2.に関してサイド・バックが合板というのは、逆にライブ用としては「丈夫」「ハウリングしにくい」という利点が。ここはあえてサイド・バック合板を選びたいところ。

さてこのベースアコギに、ピックアップをつければなかなかのライブ用が仕上がるんじゃないか?

えっ?

結局それなりのエレアコが買える値段になるって?

...確かに。

でもそこは、色々考えたりする楽しみはプライスレスってことで(笑)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク