ステージでのアコギ弾き語り 注意してた事、そして気づいた事

弾き語りをする上で気をつけていた事。それはリズムをキープすること。いわゆる「走らない(早くならない)」よう気をつけてます。

ライブの時なんかアドレナリンがでているのか練習時より走る事が多く、落着くよう肝に銘じてステージに。

そんな思いで臨んだ最近のライブ映像を見ていると、なんか『ピン』とこず『なんだかなぁ~』な感じ。

そこで1年程前のコチラ↓↓のライブ映像を見てみて思ったこと。


『ほう~、コレの方がいいかも?』

思いっきり走りまくってますが、勢いがあり、楽しそうで無茶苦茶ながら感じるドライブ感。なるほど、『走らないように...』などと必要以上に気持ちをブレーキの方向へ向けては、よけいにダメかな?と。

僕くらいのレベルにおいて、上手くやろうとかするよりも自分が楽しそうに気持ちをのせていく方が見ている側にも、いいのでは...と思った次第。

『走ってしまうかも?』

...少々ならば上等。

気持ちを押さえることなく、しばらく臨むことに決めた次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク