考えたハードケースの持ち運び方 迷惑度は確かに下がったなれど...

以前アコギのハードケースをいかに邪魔にならないように運ぶのか、という記事を
書きましたが、実践した感想を。

ハードケースのストラップを普通に付けるのはなく
1周巻きつけるにように付け


ネック側のストラップから上に持ち上げ、持ち上げた部分を右肩に掛けてみると...



↑↑のように背中とケースをピッタリくっつけて運ぶ事が可能。このまま電車に乗ったんですが、確かに迷惑度が間違いなく下がりました!

が、大きな問題が。

って言ってもよ~く見てみればわかること。抱えているギターの位置が低いのがわかると思いますが、この体勢で歩きますと、

歩みを進めるたびに、ふくらはぎにハードケースが痛打

ハードなケースだけに、普通に歩けない状況に。やや前かがみ気味になりながら、歩くと当たりがやわらぎますが

おとなしく普通に持てばいい話

ギグバック購入も視野に入れながらも、さらなる改良を検討してます...が今のところイイのが思い浮かびませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク