エントリーモデルと思わせて、達人こそ楽しめるのではと思うアコギ

先日憧れのMartin(マーティン)の雲上モデルについて書きましたが、その正反対の最安値のモデルについて。

同じドレッドノートとして考えると僕が知る限りコチラ↓↓のモデルが最安値ではないかと。



衝撃の5,000円台のこのモデルは、『株式会社サウンドハウス』が販売するオリジナルモデル。なぜこの価格で、アコギが販売できるのかが謎なくらい衝撃的プライス。

手にした事もなく、演奏された音を生で聞いた事もないので本来ならばアレコレ言える立場ではないのを承知で言いますと

コレはエントリーモデルではない!

という事。なぜか

おそらくこの価格、あらゆる部分において作りが粗いはず。購入したままでは、『弾きにくい、チューニングが合わない』等なども。そうなれば初心者の方はギブアップ。

おそらくコイツのターゲットは、

『これをベースにしていかにアコギらしく仕上げるか...』


を楽しめる方かも。


  • ネックの調整からペグやピックガードにサドルやナットの交換
  • エンドピン部分に穴あけして、ピックアップ取りつけ等など


この価格でなら試してみたい事がいっぱい。高価なアコギにはできない価値が、コレには詰まっていると思うのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク