スリーピースバックのアコギ伝説 Martin(マーティン)D-76に触れてみて

所有する「K.YAIRI YW-1000」は合板ながらもハカランダ材をおごられたバック。


この木目の美しさもさることながらスリーピースバックが人目を引き気にってます。

スリーピース...3枚の板で裏板ができているわけですが、コレで最も有名なモデルと言えば


コチラのMartin(マーティン)D-35ではないかと。コレがスリーピースバックになったのは、ハカランダが貴重な材となり幅の狭い材も使えるようにとの理由で作られたそうですがそのスリーピースが生み出したものなのか音も他のMartin(マーティン)と異色だとおっしゃる方も。

弾き語り系アーティストの方が愛用しているように歌を邪魔するような主張しないアコギって感じなのかも。

そんなD-35。そう言えばベースにした限定モデルがあったよな...なんて思って見てみるとありましたありました!
アメリカ建国200周年記念として1976年に発表された「D-76」

発表された当時は、D-45級の高価なモデルとして発売され...しかしD-35ベースモデルとしては高いと思われどちらかと言えば、人気が高くなかったとのこと。

それが今では、高く評価され人気のあるモデル。石川鷹彦大先生も絶賛愛用中。その時の評判なんてある種『いい加減』なもんですね。

中古でギリギリ30万円台であるようなので無茶苦茶高騰はしてないよう。

コレは狙い目モデルかな?

※参考サイト:http://www.kurosawagakki.com/sh_dr/martin_contents/trivia9.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク