アコギ弦交換後の余った弦は「きれいに、簡単に」切りたいもの

弦を交換した際に、余った弦をどうするか?

今は、交換したその瞬間から切り取ってしまいますが、以前はずーっとペグのあたりで丸めてました。

いずれにせよ、余った弦をそのままにしないのは目について気になるのと、余った弦同士が触れ合って

『シャカシャカ』

するのが嫌だから。

若い頃は、長渕剛氏の真似ばかりしてましたがコレに関しては真似した事が皆無と言えるでしょう。

さて、余ったモノは切る方がさっぱりって事で100均で買ったニッパーを使い弦を切るようになってここ数年、我慢して使ってましたが切れ味も悪く、6弦を切るときには、尋常ないほど力を込める必要があるためコチラ↓↓あたりを物色中。


ニッパーとは違い『ストリングカッター』という名だけあって弦を切るための専用工具。評判も上々。だいたいこの手は1500円前後で手に入るよう。

しかし工具には、かねてから高級なものに憧れがあり試しに車の整備なんかで使われる「Snap-on(スナップオン)」を見てみると


恐ろしく高価なニッパー。下手すればアコギを1本買える程の値段です。

アコギに一つというツールではないですが、一家に一つあってもいいと思う工具。アコギ弦を切るためニッパーを買うよりも、何にでも使えそうな逸品を買うのもいいんじゃない?

...勝手な解釈をしちゃいそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク