単にライブと呼ぶには物足りない夜 本町「ぽっぷ」にて

ライブと言うと「アーティスト」「スタッフ」「お客様」がそれぞれの立場の立ち位置がある程度はっきりしているもの。

学生時代に、天王寺のライブのある某お店でバイトをしていたことが。昼は喫茶店、夜は洋風居酒屋という感じのお店でほぼ毎日ライブがありました。

ライブと言っても、アーティストの方がお客様のリクエストに答えたり、一緒に歌ったりお客様もライブを聞きに来るというよりもお酒を飲んだり、食事をしがてら来店する。...そんなお店。

いつしか、自分もそんなお店で歌ってみたいと思いアレコレ探していたところ、偶然見つけたあるお店。

昨年諸事情により、一度閉店されましが今年に入り場所を変え、再オープン。で、最近ライブを再開されたとの連絡を受け行ってきました!

ライブというより、皆で音楽を楽しむ感じ。言うなれば

歌声喫茶って感じかな...

アダルティなお客様の歌声に合わせて伴奏をしたりと普段はなかなかできない時間。この感覚はクセになりそうなので、定期的にお邪魔しそう。

各世代にはそれぞれの思い出の曲がある。そんな事を思い出してくれた夜でした。

※お店のサイト
キッチン&ライブ酒場「ぽっぷ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク