表情が変わるサウンドホールの形と大きさ 音にはどう影響するのか?

例えば、アコギを絵で書いてと言われれば真ん中にサウンドホールを書いて...となるようにあのサウンドホールの形と位置は、定番。

...と思いきや、『Ovation Adamas』のようにあの位置に、あの大きさ、あれだけの数のサウンドホールがあるモデルも。

そんな事を思いながら色々見てみると、変わった形のサウンドホールのギターって結構あります。



こんなの見てますと、サウンドホールって一つなのにアコギの表情の「目」のようなイメージで形が変わるだけで、『ゆるキャラ』のような表情になる気が。

さて、このサウンドホールの大きさや形が醸し出す表情以外に、音にどのように影響があるのか?

大きさと音の関係は、コチラで実験されてますがホールが大きい程音が大きく、小さい程マイルド傾向になるとのこと。

となれば、通常モデルよりサウンドホールが大きいコチラ↓↓


「Martin(マーティン)D-28CW」

径の大きいラージサウンドホールを持つモデルなので、さぞかし音が大きくなるのかと思うと、そうでは無い模様。出音のレスポンスは確かにいいようですが、ホールが大きい分、共鳴するトップ材が小さくなるので音の大きさ自体は変わらないよう。

やっぱり、一番見慣れている「サウンドホール」が誰が見ても一番「男前」に見えるように、音も万人向けにベストな形なのかも知れませんね。

※参考サイト
http://www.yamaha.co.jp/plus/folk_guitar/?ln=ja&cn=11603&pg=5
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13106882783


スポンサーリンク

スポンサーリンク