アコギ弾き語り 「弾き」と「語り」で精一杯 「読み」は酷な話か?

一日中外出してましたが明後日ライブなので、夜帰宅してから超スモールな音量で練習。

テーマは暗譜

実は今までのライブ、ずーっと楽譜スタンドを立てコード符を見ながらのステージ。

例えばほとんど覚えている曲であっても保険のためにコード符を置いてのプレイ。当然

良かれと思ってのこと。

で、明後日ご一緒するアーティスト。超絶なギターテクと澄んだ声の素晴らしい方で、カバーにしても、オリジナルにしてもステージではいつも暗譜。聞けば

『ギター弾きながら歌うだけで精一杯。楽譜なんか見れません』

この言葉に一理ありと、楽譜頼りの僕もうなずいた次第。確かに、


  • 一行間違えて違う歌詞を歌ったり
  • 楽譜に気をとられ、ギターがボロボロ


等々耳が痛い経験をお持ちの方も多いはず。

『よしっ!』

今回はオリジナルで勝負するつもり。ならば、ここは「弾き」と「語り」の二刀流のみで行こう!

...そんな決心の元、夜の練習。当然蚊の泣くような声での弾き語り。その練習風景を見て、そんな決意を誰も知る由もないでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク