ライブで走る演奏 それはマイナス要素なのか、それともプラスに働くのか?

先日のライブでのひとこま。

『ちょっと走っちゃったなぁ~』

とは知り合いのアーティストの方の言葉ですが、この『走る』という表現、ご存知のとおり

「早くなる」

との事。でもこれは良くない事なのか。聞けばライブ等でステージに立つと


  • 気持ちがノリ
  • 胸が高まり
  • 鼓動が早くなる


それに比例するように、演奏も早くなるメカニズムとか。と考えれば、ある程度「走る演奏」ってのは、気持ちの高鳴りからなるいい副産物という面も。

逆に言えば、それがあるからこそライブであり走っている演者のワクワク感を見ているからこそ、その演奏に観客が共感し同じようにワクワクできるのでは...と思う次第。

他方CD等の音源。こちらはライブと違い同じものを何度も聞く前提であるべきもの。となれば求められるものは安定した演奏であり、いわゆる「きれいな音源」が望ましい。

一度きりのリアルで聞く生音と
何度も聞くであろうCDの音源に求められるモノは異なるもの。


そう考えれば、ライブではきれいに歌おうとはせず、あれこれ考えず鼓動の高鳴りにまかせて歌う...これが一番か?

『ちょっと走っちゃったなぁ~』(知り合いのアーティスト)
『でも凄く良かったですよ』(ふじみき)

やっぱり一番でしょう。きっと!

スポンサーリンク

スポンサーリンク