アコギ材 比重の重さの違いとその共鳴との関係性 真実はいかに?

K.YAIRIのオフシャルブログを読んでますと、非常に興味深い実験をされてます。その実験とは

『木材を水に浮かべる』という実験。

クラフトマンの道前氏が、色々な材を扱う中で

材の比重が気になっての実験とのこと。

一般の方にはわかりにくいかもわかりませんが、コレ僕のような木材好きにはたまらんような内容。

この比重。コレが1.0以上の場合、水よりも重いとのことなので、試そうと思われたようで実験の結果

見事に沈んでます(笑)

マホガニー、そしてわりと比重が重いと思っていたローズウッドが浮いたにもかかわらず、管楽器に使われるグラナディロなんかは沈んでます。

では、その比重と音の関係はどうなのか?

アコギの場合、トップ板は多くがスプルースのような比重の軽い材。弦の振動がブリッジ~トップ板に伝わり共鳴するもの。

木管楽器は材が筒状になっており筒の中の吹きこまれた空気が共鳴するもの。で、木管楽器にグラナディロなんかの比重の重い材を使われているあたり、空気を共鳴させるのには

比重が重いのが適している?

などと思ってしまうのです。

こう考えるとアコギの胴の中の空気が共鳴する、いわゆる「胴鳴り」にも比重の重い材がいいんじゃないか?

弦の振動が一番伝わるのはトップ材だがそこからサイド、バックに伝わりボディの中の空気を共鳴させるのはサイドとバック材のはず。

...ではやはりサイド、バック材は比重が重めか?

とまぁ~ブログを読むだけでここまで考えてしまう程。単なる不勉強で無知な木材好きですのでここは識者の方の意見を聞きたいと思っております。

※参考サイト:K.YAIRIのオフシャルブログ 裏板を考える

スポンサーリンク

スポンサーリンク