倍音豊かな音で楽しませ、そして目で楽しませてくれるラウンドバックのアコギ達

バックがラウンド(丸みのある)しているアコギと言えば思い浮かぶのがOvation(オベーション)。グラファイトという素材もあってか、座りながら弾くとそのラウンドが滑って慣れないと弾きにくい...とは以前書いた話。

さてそのラウンド。その丸みがサウンドホール内の容積が広くなり

文字通り膨らみのある力強い倍音豊かな音になる...はず

理論的にはそうなりそう。

理論的に優れてそうなこのラウンド形状。楽器屋で見かけことがあるのが...


某S村楽器のオリジナルブランド「HISTORY(ヒストリー)」の上位モデル。丸みのあるバックは『フレアードバックボディ』と呼ばれ

フレアードバックボディ

↑↑ご覧のとおりボリューム感があり、アコギにこの言葉よく使っちゃいますが

「セクシー」

このラウンドバックは、Morris(モーリス)のフィンガーピッカー向けモデル「Sシリーズ」にも見られ、その機能性を大いに述べられてます。

これらのオーナーの方の記事を見てますと好意的な内容なので、そのラウンドは見た目だけではないのでしょう。

さてMorrisのラウンドバッグですが

Morris ラウンドバック

↑↑↑ご覧とおり。

僕の軍配は、『HISTORY』

思いっきり角度の違う写真の見た目だけで判断してますが(笑)。

※参考サイト
島村楽器ホームページ HISTORYアコースティックギター
Morrisホームページ「S」シリーズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク