とうとう認めた...いや諦めたパッシブピックアップ YW-1000を侮るなかれ

昨日は本町にありますカレーがおいしいフォーク居酒屋「ぽっぷ」で4曲程弾き語り。

繰り出したのは「YW-1000」。が、しかしピックアップ(PU)のノリが悪く、弾き語りしながら自分のギターがかえってこない感じ。なので無意味にジャカジャカ弾くはめに。

もともと「YW-1000」には当然ながら後付けのPUを装着しているわけですが、このPUが

電源のないパッシブタイプ。

「YW-1000」にPUを装着する時、どのPUをつけるかどうかの前に随分迷ったのが

『パッシブか(電源のある)アクティブか』

最終的には、パッシブの方が電源の無いだけに

弾いた音源を素直に伝えてくれる

という非常に抽象的でもある理由により決定したわけではありますが、その長所が具現化されているかどうかの前に

トラブルに悩まされてます(汗)

何よりも一番の短所である出力の弱さは、今回だけではなく幾度となく悔しい想いをしたものです。

『くそぅ~ホントのYW-1000はこんなんじゃない!』

今までわかっていながら認めようとしませんでしたが、僕らのようなレベルの人間がライブをする場合
どこでも安定して使えるのは『アクティブ!』といまさらながら決定。心配なのは電池切れぐらいか。

そんなこんなで、「YW-1000」の実力を弾き出すPUが見つけるまでは、どこでも安定して力を出す純粋のエレアコ「WY-1」で参上する決意を。

すまん...YW-1000。

ライブで弾きたいのはやまやまなれど、YW-1000ってこんなもの?...って思われるのが一番辛い。

そんな思いを胸に、今度は妥協なしのPU探しの旅に出ようかと。ん?WY-1があるやんって?...そりゃ~WY-1もいいギターに間違いないけど

『ライブで全開のYW-1000を弾きたい』

スポンサーリンク

スポンサーリンク