「また会う日まで」との思い どの曲でライブをしめるか? 僕の最強ソングについて

ありがたい事にライブをさせていただくと、どんな曲でシメをかざるのかが非常に迷う点。

超絶なヴォーカル力をもっていれば、バラードもよし。場を盛り上げるエンターテイナーなら激しいストロークもよし。

いずれにせよ、ライブの最後の曲というのは印象が強く残りやすいもの。食事に例えれば、デザートで印象が変わるという感じか。

デザートがおいしければ食事の時間が楽しく思え、そうでなければすべてが台無しになるような...最後の曲とはそんな感じ。

なので、こう見えてライブの最後の曲はかなり考えて臨んでます...が、なかなか難しいもの。

『どうしてこんなに最後の曲にこだわるか?』

高校時代に、ある学校にたずねて弾き語りライブを見た時、目の前で披露されたラストソング。

みんなが盛り上がり、会場が一体感となり揺れたあの時。間違いなく、アマチュアのステージのトリの曲としては現在までも最高にして最強の曲。



かぐや姫の「おもかげ色の空」です。

何がいいか?

歌詞を見れば、ちょっとほろ苦ながら「また会う日まで」と明るく歌える...そんなとこでしょうか。

以降しょっちゅう真似して最後に歌わせていただいてて、最近フォーク居酒屋で歌わせてもらう時も、この曲でしめる...そんな感じ。

でも、この曲やっているとあちらこちらから

リードギターやらハモリやら

を入れてくれるんですよね。やっぱいい曲。みんな好きな曲なのもわかります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク