【ピック選手権】コードストロークのプレイアビリティでの順位付け

何度かやってます「ピック選手権」。

今までは「音」の比較をしてきましたが、コレがなかなか苦労続き。特にストロークでの「音の差」はわずかで、ほとんど同じのピックがあり無理から順にを付けた感も。

そんな苦労の「音比較」は終わり、今回から

「プレイアビリティを比較」

これは単に弾きやすさだけでなく、表現したい事が出来るか等も含めた評価にしようかと。わかりやすく言えば、僕がそのプレイスタイルで、使いたいピックの順位をつけるということになります。

で、今回は

『ストロークのプレイアビリティ比較』

いきなりですが、まず結果から。

コチラ↓↓の動画で最初に弾いているのが1位のピック。次に弾いているのは最下位のピック。ちなみに、この動画の同じフレーズを何度も弾いて比較しました。



このところ暑くなってきましたので、コチラ↓↓のエントリーしたピックで何度も同じフレーズを弾いているとじんわり汗が。ホント熱戦です。


上段の左から
 a)K.YAIRI セルロイド:標準的。ただハードストロークが表現しきれないか。
 b)SCHECTER セルロイド:標準。オールラウンドで短所もないが長所もなし。
 c)PICK BOY ポリアセタール:ガツンとした音の表現が難しい。レスポンスもほんの少し遅れる。
 d)K.YAIRI PPS:アタック感が乏しい。早いストロークでピックがからむ感じも。
 e)FERNANDES ナイロン:弾きやすさは抜群。ただ音の強弱や音の表情が出せない。

下段の左から
 f)HISTORY ウルテム:標準。抵抗感を少なく感じるのがグッド。
 g)CLAYTON ウルテム:ピックがからみつく感あり。音のレスポンスが少し遅れる感が。
 h)JIM DUNLOP トーテックス:弾きやすく、音の表現が非常につけやすい。
 i)MORRIS デルリン:抵抗感がなく弾きやすい。アタック感もあり。
 j)V-PICKS アクリル:。弾きにくくはないが、強弱や音の表現が弾き手では変えれない。

「音の比較」に比べて自分の好みで順位が付けやすかったですね。弾きやすさよりも、ストロークの強弱やストローク場所による音の表現のしやすさの方が好みに差がでました。で、最終結果は

h)→i)→e)→f)→b)→a)→c)→g)→d)→j)の順

となりました。

JIM DUNLOP トーテックスはまず弾きやすく、ストロークの強弱や弾く場所により音の表情がつき弾いていて楽しいピック。ストローク専用でぜひ使いたいもの。

MORRIS デルリンがトーテックスとの差はわずか。弾き方による強弱や表情の差が若干少なめかというもの。タッチは違いますが、弾きやすさもほぼ同じ感じ。

FERNANDES ナイロンは弾きやすさだけでいうと一番弾きやすいピックはコレ。ただ強弱や音の表情がつけにくく全体的に軽い感じとなってしまうのが上二つとの差。

普段使っているのがセルロイド系は、確かに無難ではありましたが今回上位に挙げたピックに感じたのは、無難以上の価値。ライブなどで余裕があれば、曲によってコレラのピックに換えてプレイするのもアリですね。

さて次回は、違うスタイルでのプレイアビリティ比較を予定。どんな結果となりますやら。引き続きお付き合いの程よろしくお願いします。

※現在の総合順位
  1位.CLAYTON ウルテム(30点)
  2位.K.YAIRI PPS(27点)
  2位.JIM DUNLOP トーテックス(27点)
  4位.FERNANDES ナイロン(22点)
  5位.MORRIS デルリン(21点)
  6位.K.YAIRI セルロイド(18点)
  7位.HISTORY ウルテム(17点)
  8位.SCHECTER セルロイド(16点)
  9位.V-PICKS アクリル(14点)
 10位.PICK BOY ポリアセタール(12点)

スポンサーリンク

スポンサーリンク