アコギ弾き語りカバー そんな動画にまつわる評価の法則について

緊張感を保ちながらの弾き語り練習のため動画を撮影し、YouTube等でアップしているという話は何度か書いてますが、その世界には色々な法則が。

その一つが、カリスマ的な人気のあるアーティストや女性人気アーティストのカバー曲をアップする

...するやいなやの「低評価!」

彼・彼女を大好きなファンから

『ド下手素人がカバーしてんじゃないよっ!バカ!』

と厳しい言葉をかけられているようで、それはそれで丁重に受け止めてますが、そんなに気にしてません(笑)。いや、むしろまた「低評価」入るかもとチャレンジしてしまいたくなり、いつも低評価がつくアーティスト「森高千里」氏を今回カバーしてみると...

期待を裏切らず「バカ」が一票

敵もさるものです(笑)。

と前置きが長くなりましたが、そんな弾き語り。高校時代なんかは、相棒とセッションしリードギターを合わせたりしながら、音の幅を持たせることができましたが、最近はもっぱら一人。

前奏や感想など歌の無い部分でのコード弾きオンリーになりがちな部分でメリハリをつけられないか...そんな思いを巡らせてます。

で、今回突然思い立ってちょっとした「印象的な愛の手」のフレーズがある名曲「かぐや姫 置手紙」に愛の手入りで挑戦をば。

ほんの一小節のフレーズですが、この曲を知っている方なら

『はは~ん、あの部分だな』

と思っていただけるはず。では一度コチラ↓↓をスイッチオン願います。



ん~「玉砕」かな?そこまでいかなくても「とても微妙」な感じ。またその部分が気になっているため、他がおろそかになってるし。

これは...

「低評価」

もやむなしいかな(汗)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク