アコギの価値とは 楽器としての価値以上の価値ある白いギター

当時はアコギとは言わず、単にギターと言っていた...。そんな自分の中で、最初にギターを欲しいなと思った記憶。これは間違いなく、アレだとはっきり覚えてます。それは

『TVジョッキーの白いギター』

当然まだ若かりし日という事もあり、また「奇人」でも「変人」でもなかったので手にすることはもちろん実物を見ることもかなってませんが、漠然とあのギターが欲しいなぁという記憶だけがくっきりとあります。

そんなノスタルジックな思い。


こんな白いギターを見るたびに、その思いがよぎります。

さてそんな白いギター。同じ物が一度手に入れられないものか、調べた事が。同じ考えの方が結構いるもので(笑)、すぐにわかりました。

全音楽譜出版社の「モラレス」や「レジェ」というブランドのものとのこと。

白いギター

コチラ↑↑の写真のサイトでは、憧れの白いギターの各部分のアップ写真が。なによりも音源まで。

この白いギターを見てますと、思い出のフィルターを通して見てしまうため楽器としての価値以上を感じてしまいます。

きっと同じように感じる方が多いであろう「白いギター」です。

※参考サイト
TV-Jockey ZENON F-170 1970′s

スポンサーリンク

スポンサーリンク