ある意味エレアコをプレイする上で一番気になる電池 条件として重要な点

エレアコをプレイする場合、ある意味一番気になるのは「バッテリー」ではないかと。ライブ中に電池切れを起こしやしないかと常時頭の片隅にとどめている方も多いはず。

また単なる電池切れではなく、接触不良が起こったりするからこの電池には頭痛のタネが絶える事がありません。さて、その原因の一つとして

電池の大きさ

にあるよう。例えばエレアコによく使われている9Vの四角い電池。


コチラ↑↑は、エレアコやプリアンプに利用する上で電池の持ちといい安定性といい、評判のよい「デュラセル プロセル電池」。僕も愛用しています。

が、しかし

国産エレアコの雄「TAKAMINE(タカミネ)」ではこの電池を使用することで不具合が確認されている...とはっきりとホームページ上で明記

この理由は一般的な国産電池と比べて「2mm程度」小さく、電池ボックス内で『がたつき』が生じ、接触不良を生むというもの。

逆に「Taylor(テイラー)」の場合、この「2mm程度」の小さい電池しか装着できず国産の電池では

『入らない~!!』

と電池を無駄にされた方が多いのは有名な話。

その電池の規格の誤差範囲と言われればそうかもですが「2mm」はもはや誤差とは呼べないのではと思うほど。

この電池選び。当然の機能として「安定した電源供給」もさることながら接触不良を生まない

自分のエレアコの電池ボックスとのフィット性

を確かめた上での選択が重要なようです。

※参考ページ
TAKAMINE(タカミネ)ホームページ メンテナンスの仕方~エレアコ編

スポンサーリンク

スポンサーリンク