小ぶりでプライスレスなアコギ Epiphone(エピフォン)50th Anniversary 1964 Caballero

アコギのシェイプで一番好きなものは聞かれれば見た目オンリーで答えると「ドレッドノート」。例えば、Martin(マーティン)で言えば「○○○(トリプルオー)」のシェイプは自分の好みではなく、弾きやすさや音は評判の高いモデルなれどおまり欲しいとかこの先購入するという事はないかと。楽器なのに

見た目からドキドキするようなモデル

じゃないと手が伸びないと思うのは、少しばかり偏った考えか。

では小さなモデルが嫌いなのかというとそうでなく例えば有名なモデルでいえば

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
K.YAIRI RF-K13-OVA NT アコースティックギター ハードケース付き
価格:133110円(税込、送料無料) (2018/1/7時点)

K.YAIRIの「RF」なんかは大きさ、くびれ、丸みとももろ好み。

ところで、先日知り合いアーティストの方がEpiphone(エピフォン)を購入したのを聞いてふと思い出したモデル。そのモデルも先程の「RF」みたくもろ好みなコンパクトなシェイプ。


Epiphone初のコンパクトモデルとして発売された

「Caballero(キャバレロ)」の復刻モデル

ピックアップ(PU)とプリアンプ付きでこの価格。生音の音や仕上げは過度の期待はどうかと思うもパッと見「RF」ぽいなかで、Epiphoneらしくヘッドが大きく、またこれがアンバランスなようで、妙にマッチ。

音や仕上げはある程度のお値段をかける必要があるものの、このような雰囲気は

プライスレス

安いから買う...ってるんじゃなく
買いたいのが安い...
ってモデルがEpiphoneにはあるような気が。

決してまわしものではありませんけど、そんな風に思う今日この頃です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク