小さいながらも、神様の息吹「ESP BambooInn-CE」 悩むことなく弾いてみたい

ミニアコギというよりも、小ぶりなカッコいいギター。その見た目の伊達ぶりは、このアコギをプロデュースしたこの方のフェロモンか。

『Char氏』

歩いてきた音楽ジャンルは違えど、そのギタープレイにはテクニックの凄さだけでなく、カッコよさや色気を感じる意味でもリスペクトするアーティストの一人。

弾き語りをするものとして『気絶するほど悩ましい』は何度かトライしたいと思ったもの。大変ベタで恐縮ですが、あの曲を「なんちゃってレベル」でプレイするにも

『気絶するほど悩ましい』
んです。さすがこの曲を作詞された「阿久悠氏」

色々な意味で奥が深いです。

と脱線したので話を戻しますと...。


『ESP BambooInn-C』というモデルもありますが、このピエゾピックアップとプリアンプを備えたコチラ↑↑の

『ESP BambooInn-CE

はより魅力的。

アコギというよりも、エレキっぽい感じもやや小さめな音ながら、生音はしっかりとアコギとのこと。このサイズなので軽量なので、狭い場所でも弾きやすく

ESP BambooInn-CE

ヘッドの裏側には、こんな↑↑フックのようなものをかけれる穴が。気軽に部屋の壁につるしておくだけで、癒しを感じるオブジェに、そして手に取ってChar氏の息吹を感じながら弾き語る...

悩ましくもなく

無心に弾きまくるひと時になるに違いありません。

※参考サイト
ESP BambooInn

スポンサーリンク

スポンサーリンク