Fender(フェンダー)のアコギ 能ある鷹はツメを隠さず見せてくれ!

最近Fender(フェンダー)のアコギやエレアコを見かける機会が増えた気が。といってもプレイヤーってわけでなく、楽器店で。

数年前にYUIさんが使っているって事で人気になったのもあるんでしょうが、それが自分にとってカッコイイかどうかは別にして

「カッコよさ感」

を前面に出したアコギが多いからではないかと。

トラッドなアコギにない雰囲気。フェンダー独自のあのヘッドを初め、シェイプやピックガードまで、これが最新の流行か?と思わせる...なんかファッションのようなものを感じるのは僕だけか。

それをアジアで生産し、手頃価格で発売する。「魅力的だろう!」的なブランドの押しつけを感じずにはいれません。ただ

『エレキのように本気はないのかい?』

天下の大メーカーにそのような思いをもった事も。

本気かどうかはともかく、きちんと本国アメリカ生産の上級モデルはあります。


アメリカのルシアーで生産された上級ラインにして、やはりどこからみてもFender。そのアイデンティティの徹底ぶりと素晴らしさ。そして傷んだバナナのようなアンティグアフィニッシュ。万人受けしないでしょうが、大好きな色合いです。

こんなの見るたび、もっとこのブランドにはアコギでも

アイデンティティのある上質なモデル

で僕らを楽しませてほしいと思うのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク