『TAKAMINE(タカミネ) GB7C』 ファニーな面構えはもちろん音でも魅了してくれそう

以前サウンドホールの形と音の関係について考えた事が。その際は
  • 大きい程音が大きく
  • 小さい程マイルド傾向
という一応の結論にしましたが、

『形と音の因果関係は?』

については謎のままです。この「変わった形」。多くは楕円形のものか


コチラ↑↑のようなハート型が主。

そんな変わり種のサウンドホール軍団の中でも、今回TAKAMINE(タカミネ)から発売される『ガース・ブルックス』のシグネチャーモデルのソレには少しの驚きと多くの憧れを感じた次第。

不勉強な僕。あまりこの形↓↓は、記憶にございません。

GB7C_hole

アコギの形です。
...そうアコギの形をしたサウンドホールのアコギ

ややこくていけません。

といって、このTAKAMINE(タカミネ) GB7C。全体を眺めてみると

GB7C

少しファニーフェイスではありますが、これはこれで絶妙なバランスに感じてしまいます。

このサウンドホールゆえの音がどうのこうの語る前に、手にとって弾いてみたくなる面構え。人懐っこく感じる見た目が、何より個性的ですね。

※参考サイト
TAKAMINE(タカミネ)ホームページ 「『ガース・ブルックス』シグネチャーモデル販売決定」
TAKAMINE(タカミネ)ホームページ「製品情報~GB7C」

スポンサーリンク

スポンサーリンク