「YW-1000」へのアコギ用ピックアップ(PU) 自然派か人工派か、それとも原点か

さて「YW-1000」のライブにおけるピックアップ(PU)に関して、色々と検討をすすめている中でやはり一番気になるのは

L.R.Baggsの「Lyric(リリック)」



PUというよりマイクシステムのコチラ。これもL.R.Baggs社で評判のAnthem(アンセム)同様に専用マイク「Tru-Mic」を使用したモデル。

自然な生音を再現可能としてますが、この「Lyric」の評価は「Anthem」程安定した評価ではありません。

凄くいいという人、合わなかったという人

がいるようで、例えば

空気感は「Anthem」以上も、タッチノイズが気になる...

など。このような意見を見ると究極のPUの一つとして
自然(ナチュラル)な音を表現できるものではという考え
...これ自体が少しピントがずれているのかもと。

自然な音を電気信号に変えているわけで、その時点でまるっきり自然な音は不可能なはず。ある程度の普通っぽい音が、ライブでは重宝し機材を組み合わせて、自分の欲しい音の近づける事ができるのか。

自然な音を再現するためには自然な雑音なども再現してしまう

というのはPUにおけるトレードオフに感じる次第です。

そんな中で、先日書いたインターフェイスからの示唆。改めてマイク撮りが一番という原点に戻り



コチラ↑↑なんてのも選択ありか。

早くライブに登場させたい「YW-1000」。そんな思いがつのるばかりで、いつになったら決定するやら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク