「音」「寿命」の次にこだわりたい「安定性」を実現するチューニングが狂わない弦は?

2015年2月2日

アコギ グッズ

弦楽器の宿命と言えば、チューニングの狂い。確かにチューナーが進歩し、また手頃になった事から以前ほどチューニングがしにくいことはない...と言えるもしなくてよければ、しない方がよいと皆さん思われているはず。

安定したチューニングといえば、その巻き方によってもその安定性が変わって来るもの。
以前書いた『Martin(マーティン)巻き』が、ルシアーも推奨する巻き方のようで、安定すると評判。

この巻き方の違いは、チューニングが狂う原因のペグ側がいつまでも馴染まないことにより滑ったりして狂うってことでしょうが、もう一つの原因

伸びる

事への対応策はどうしたらよいか。

ガットギターのナイロン弦が、アコギの鉄弦より伸びるためチューニングが安定しないことから

同じ鉄弦でも伸びにくい弦はないものか?

それが、安定したチューニングを可能にする弦では...とそんな仮説を。

で、色々とその方面で探してみると



コチラ↑↑のSITの弦が、まずそのようなコンセプトで販売されている弦のよう。

何しろSITって

「The Stay In Tune String Company」

からの社名。名は体を表すではないですが、プロからの評判も上々。試した事がないけど、一度その安定性を試したい弦です。

※参考サイト
SIT弦 アコースティック弦

スポンサーリンク