人それぞれの好みを揃えた!見た目豪華がコンセプトのARIA(アリア) G-Ukeの新モデル

以前よく行く楽器店で、『これでもかっ』というくらい試奏した小さなギターARIA(アリア)G-Uke。正確に言うと「6弦のテナーウクレレ」ですが、その見た目を裏切られない「ほのぼの」したサウンドは手頃な値段もあって購入手前までいったほど。

さて、そんなほのぼのした新モデルは以前からのモデルのやや豪華なモデルのよう。


ご覧のように、豪華なモデルとはいえお手軽な価格はほぼそのままで、バインディングをおごり豪華さを主張。

まだこのモデルを試奏してませんので、音そして弾きやすさが豪華になっているのかどうかわかりませんが、そのスペックを見た限りほぼ変わらないだろうなぁと推測。ズバリ

見た目のみ豪華仕様

ではないかと。

となれば、新発売の3モデルは見た目から選べばいいはず。

先のモデルはオールマホガニーの「ATU-180/6MH」。あと、トップがスプルース、サイドバックがローズウッドの「AGU-160」

で、最も豪華な価格をつけているのが...



オールコアの「ATU-180/6K」

材か異なるとはいえ、全モデル合板。とやかく考えず、シンプルに見た目重視で。

...僕の場合は、オールマホの「ATU-180/6MH」かなぁ。

※参考サイト
Aria公式ページ G-Uke新モデル発売

スポンサーリンク

スポンサーリンク