勘違いを反省 ギター女子よ!ステレオタイプな女子向けモデルよりコチラを手にせよ!

同僚と話しをしていると

刀女子

という言葉が耳に。

僕の感覚では「刀」に興味を持つ女子など想像がつきませんが、そう言えばこの○○女子...

「カープ女子」...そして「ギター女子」

この○○女子という言葉は、もともと女子にはあまり馴染みのなかったものに対して人気となっているものを指すよう。

以前「ギター女子」について書いたり、メーカーもそちら向けのモデルを販売してたり。

しかし

先日某楽器店で、若い女子がギターを物色中。で、「試奏したい!」と申し出たのが



Guild(ギルド)!

上記モデルかどうかは定かでありませんが、間違いなくギター女子が指定Guild(ギルド)は、僕も何度か弾いた折に感じた重さとパワフルなサウンドで言わば「男臭さ」を感じているブランド。が、その試奏の姿が

『カッコいいんだからぁ~』

って感じ。もう完全に間違ってたと反省。あまりにもギター女子向けっぽい「ステレオタイプ」的なアコギより、そのやっている感。カッコいいです。

考えてみれば、知り合いの女性アーティストにバレコードの女王がいるように、やれ手が小さい女性向けに...など大きなお世話か。

あえて言いたい。

『ギター女子よ、硬派に攻めよ!』

きっと2倍カッコいいはず...です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク