弾き語りライブ等の動画(FLV)ファイルをブログ記事中にFLVプレイヤーとして埋め込みたい

(後日追記)
Googleドライブの仕様変更により、この記事の方法では現在は対応できません。

-----

以前音声ファイルのプレイヤーをブログ等に、埋め込めないか...それも新しいサービスを利用することなくというテーマで記事を書いたことが。

この際は、「Googleドライブ」に音声ファイル(MP3ファイル)を配置し、Web上に公開しているMPプレイヤー「mp3blestar」を組み合わせHTMLを生成し、ブログに埋め込む事で解決。

残念ながらスマートフォンからは、うまくプラグインが呼び出せませんがパソコン上では立派なプレイヤーが現れ、狙い通りの結果に。

で、次に思った事は

動画ファイルをブログに埋め込めないか...

という事。

ご存じのとおりYouTubeを使えば、簡単に埋め込みコードを取得でき、それを貼れば解決。...となりますが、ここはYouTube等にアップロードするのでなく

Googleドライブに動画ファイルを配置し、その動画をプレイヤーで埋め込む

ことができないか...を検討したい。

YouTubeにアップするほどでなくオンラインストレージに保管している動画を気軽にプレイヤー形式として埋め込みたい方向けです。
(YouTubeの限定公開にすればいいってのはありますけど)

まずWeb上に公開し、ダイレクト利用できる動画プレイヤー探し。これはもう

FreeVideoCoding.com

の一択か。コチラのサイトに利用方法の詳細がありますが、配置した動画ファイル(.flv)のURLを記載するだけで簡単に埋め込みタグが生成されます。

さてあとはGoogleドライブに配置した動画ファイルのURLをどのように取得するのか...ということになりますが、当初は以前書いたMP3と同様、ファイルをWeb公開し
公開URLを記載すればOKかと。

...がしかし、うまくいきません(汗)。

どうやら、「FreeVideoCoding.com」の埋め込むタグは、配置した先のURLは

http://xxx.com/aaa.flv

のように「FLV」の拡張子でないとダメなよう。先の方法では、場所を指す英数文字の乱数のようなURLとなり拡張子が「FLV」でないことが原因のようです。

で、なんとかできないかと思ってたところ

「Google ドライブにWEBページを作成する方法」

という記事を発見。

これはGoogleドライブに作成したフォルダをホームページ用のエリアとして利用する方法で、この方法であれば、「xxx.flv」のURLが取得できるはず。

コチラの記事のとおり方法は、フォルダをWeb共有させ、そのリンク共有名のURLに記載された、場所コード(id=より後ろの乱数)を取得し

https://googledrive.com/host/"場所コード"

上記のアドレスが共有したフォルダをしめすURLに。そして、そのフォルダに配置した動画ファイル(FLV)は

https://googledrive.com/host/"場所コード"/aaa.flv

になり、めでたく「xxx.flv」のURLが取得!となるわけ。

で早速やってみますと

おお!できたっ!

ってことで、YouTubeにアップするほどではないけどブログに動画を埋め込みたい...なんて時は、重宝しそう。

早速、先日のライブレポをコチラでやってみようっと!

※参考サイト

「FLV動画の埋め込み Ⅱ」きららとジュレのブログ
「Google ドライブにWEBページを作成する方法」

スポンサーリンク

スポンサーリンク