誰もが勇気づけられる名曲を歌ってみて感じた「シンプルでも秀逸メロディは生まれる」という事

今年は申年であり僕は年男ということもあって、この2016年はいつも違う感覚で時間を過ごしているような気が。そしてさらに2016年はうるう年でもあり

さらには夏のオリンピックが開催される年。

最近ではオリンピックへ出場できる代表選手が次々と決まってますが、その選手達の戦いを見る度に胸が熱くなってきちゃいます。

いきなりライブでのMCのような話を切り出してます(笑)が、先日「名古屋ウィメンズマラソン」の熾烈な代表争いを見ながらそんな思いがマイブームで、そしてこの曲がマイブームです。



「ゆず」さんの『栄光の架橋』です。

この曲アテネオリンピックのタイアップ曲なので2004年。もう12年も前の曲なんですね。

オリンピックと言えば、間違いなくこの曲だし歌詞といいメロディといいいいなぁ。大好きです。この曲のコードと言えば、そう難しくなくよく使われるパターンのコード進行と言えば言えるのではと。

一応オリジナル曲を作る僕はあまり難しいコード進行の曲はないです...ってか作れません(汗)。ですが、この曲のように

ありきたりなコード進行に思えても名曲がある
のを目の当たりにするたび、色々なコードを駆使するよりもやるべき事、生み出だせるメロディーがあるはず。

弾くたびに僕にもそう勇気づけてくれる名曲です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク