アコギ弦の紹介記事を見ながら感じる 弦の機能で一番大事な「音」を説明する難しさ

アコギの音を考える際、色々なカスタマイズがある中で一番手軽に交換できるのは間違いなく「弦」。今までの経験の中で、色々な弦を試してきて、現在はほぼ2種類の弦を利用。

指に伝わる感覚や耐久性よりも、弦選びには「音」を重視したいもんです。


ところでコチラ↑↑の弦は音ではなく、長寿命をうたったDRの弦。長寿命と言えば、エリクサーに代表されるようなコーティング弦ではなく

Accurate Core Technology(ACT)

という技術により実現されているとの事。で、その技術とは

ワウンド前のコア材を極限まで研磨し、表面の不均一性を取り除き、より正確な状態のコアにすることで、より自然な振動を促すと共に、DRの高いハンドワウンド技術によって、よりタイトにコアに対してワウンド材を巻きつけることが可能に

との詳細な記事を読むと、構造を理解した気になりなんかイメージできちゃうから不思議。

さてこの弦はどのような音色を奏でるのか。

ダイナミックなサウンドから、繊細なプレイニュアンスまで表現できる分離のよいサウンド

との説明。...僕には、全くもってイメージが沸きません(汗)。

目に見えない「音」を言葉で表現するのはなんと難しいか。この弦だけではなく


  • 煌びやかで深みのあるサウンド
  • その素晴らしい音色


等わかったようで、全くわからない表現で音色を紹介されているのは、仕方がないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク