ピックアップ取り付け時 アコギに加工したくない人はアイデアを拝借したいエンドピンストラップ

2016年の目標の一つとして「YW-K13-MAP」のライブ活用を掲げてますが、3ヶ月たった今も進捗が芳しくありません。

やはりライブで使うとなるとピックアップ(PU)という事になり、現在はインストールしておらずのまま。何度も書いてますように

FISHMAN NEO-D ハムバッキング アコギ用ピックアップ
FISHMAN NEO-D ハムバッキング アコギ用ピックアップ
価格:12,900円(税込、送料込)



コチラ↑↑のPUを持っていて何度かライブで使用した事が。



ライブでの姿を見てもらったらわかるようにインストールしているわけではなく、アコギに加工なしで後付けしているタイプ。それだけに、

サウンドホールからダラ~ッとケーブルが

コレが美しくなく、足元も邪魔に。

これがどうにも気になってたんですが改善すべきアイテムを発見。

完全手工品,皮手縫いのエンドピンストラップ完成!

上記の記事ですが、もともとPUを発売している「SKYSONIC」が自社のPUのおまけを
改良したというエンドピンストラップ。

エンドピンストラップ

↑↑こんな感じ。なかなか面白いです。ですが、7000~8000円するというから結構高価だったりします(汗)。それに何より立ってプレイできませんし。

このアイデアを拝借して自作できないか...工作下手のくせにそんな考えが頭を巡っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク