ネットのコード譜たちと手書きのコード譜 手間がかかるにはかかるだけのメリットがあるはず

『僕はアナログ人間なのでしょうか?』

弾き語りをする上で、無くてはならないもの。暗譜している曲ならともかく多くは

楽譜を見ながら弾き語る

方が多いのではと。

弾き語り用の楽譜と言えば、いわゆる「おたまじゃくし」が踊っているわけでもなく、ギター用といっても弾き語りの場合はタブ譜でなく

コード譜

が基本に。

このコード譜。皆さんも経験があると思いますが、自分で作ったもの。歌詞を書いて、その上にコードを書くというもの。

------
  C    G  Am    F   Fm   G
天気のよい日は車で どこかへ出かけよう
   C   E7   Am    F   G     C
行き先なんて出る前に 決めなくていいからさ

------

コチラ↑↑のような感じですが、これノートに一曲一曲書いていたもの。

結構面倒だったものの、当時はこの方法が主流。書くのが嫌なら、コード譜本を購入するしかないんですが安いものでもなく、やりたい曲のコード譜作成にいそしんでました。

それがワープロ、パソコンで入力できるようになり、今やネットでコード譜が検索できる時代。いや~便利になったもの。

ですが、この便利と引き替えに、深く深くその曲を弾き語れる事が少なくなったような気が。

まず自分の手で歌詞を書き、歌いまわしを確認しながら、その場所の上にコードを書く。当然、耳コピすることもあったりで、コードをあれこれと合わせる。

...一見すると非合理的な手法ですが、弾き語るという過程を忠実になぞらえていると思うのは僕だけか。

パソコンもタブレットも持っててネットも接続できる環境はありますが、今でもライブには

手書きコード譜を重宝

するのは、アナログ人間だけとではないというほんの少しのこだわりだったりします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク