「弾き語り」とはよく言ったもの 正しく歌うことよりも、心に響くそんな味のある語りを

今テレビで、もの凄い歌の上手い10代の方の番組が。その上手さを競うというその番組はカラオケの音程の正確さを点数で競うもの。いかに音程が正確かが、勝負の分かれ目になっていますが、はっきり言ってどちらか勝ったのか...の

予想が全く当たりません(汗)

自分の聞く耳の無さに愕然ではありますが、一つ言い訳をさしていただくと

「上手く歌っている」と「心に残る」はイコールでない
ということか。

確かにうまく歌っている方がいいわけですが、心に響くかどうかは音程のようなものだけでは測れないモノのはず。

ブッキングライブでご一緒するアーティストの方でも、好きでいいなぁ~と感じる方が音程を外さないか...と言われればさにあらず。が、しかしそんなものを補って余りある個性というか世界観というか。

それを「味」と表現するのは簡単ですが、これは機械では採点できないもの。残念ながら、僕は音程を外すことなく歌うことはできず声がいいわけではなく...なので「味」という得体の知れないものが身に付けれれば。

少し違う視点で、10代の歌の戦いを見てたのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク