弾き語りカバー曲練習の振り返り 反省点の項目は多岐にわたるも真は一つなり

カバー曲を披露するというイベント(カバーDEナイト)用に練習していたカバー曲を撮影敢行。実はイベント前...つまりは披露する前に撮影し、それを見ながら反省点をチェックするという流れでしたが、このところ撮影の時間がとれず

披露後の撮影

となった次第。



「あいつ」風 弾き語りカバー

カバーDEナイトでやった曲。風の中でもの凄くメジャーな曲ではないですがもの凄く人気のある曲。先日も口ずさんでくれたように、やっぱいい曲。ですが、歌詞の言い回しに鍛錬が必要ですね。



「梅田からナンバまで」有山じゅんじ 弾き語りカバー

これもカバーDEナイトでやりましたが、これオリジナルがもうアドリブだらけの雰囲気のみの曲だけに、はなからコピーをあきらめ自分の手癖で弾いてみた曲。やはり、こんな曲は味が大切だと再認識。テクニックではなく、そんな味付けがまだまだですね。



「さくら(独唱)」森山直太朗 弾き語りカバー

これはもう憧れのようなもんで、カラオケなんかで歌いたかったんですがキーが高く、裏声が使えない僕では無理。そこで恐ろしい程キーを下げ、自分の高さに合わせてた次第。イメージが違う...と酷評覚悟ですが、憧れですのでお許しいただきたい。



「夕焼けの歌」近藤真彦 弾き語りカバー

この頃のマッチ氏の曲はしぶくて好きですが、中でもこれは一番。若干マッチ氏の物まねっぽくなっているのは愛嬌としても出だしのフレーズの激しい音程外しが悔やまれます。

と今回の反省を糧に鍛錬しなければと決意した今回。ですが、これだけ見て聞いて復習しても

中学・高校時代に覚えた曲程身につかない
のが悩ましいのは僕だけか。 一番鍛錬したいのは、

あの頃のような吸収力
なのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク