アコギの音の流行り 作り手側の挑戦 そして弾く側聞く側の好み いい音は見えないまま

アコギの「いい音」についての話。

もう何度も書いた事があるテーマですが『好み』によるところが大きいのは確か。なので人それぞれという事になりますが時代の流れの中で、

流行りすたり

というのはあるのではと。これを特に感じるのはエレアコにおける音なので、アコギの音(つまりは生音)とは厳密に異なるわけですが、ラインから出てくる音の作り方に時代の流れを感じる事が。

例えば1990年代。



耳にキンキンするような独特の甲高い感じ。


最近のコチラ↑↑を見ると、明るくブライトな感じ。

まぁ確かに誤差範囲かもしれませんし、会場の大きさやギターのサイズも異なるので比較はできないかもですが、ただバブルの頃そしてエレアコに憧れていた

80年代~90年代前半は独特な音

だったように今でも思います。

まだまだエレアコ成長期の時代。いい音への方向性として、一貫性があったのだと思います。こんな風に思うと時代の流れ、そして作り手側もいい音を求めている事から作り出される音は変化しているのかも。

弾き手、聞き手の好みだけではなく作り手側の挑戦...さらには時代の流れと見えないだけに「いい音」ってホントに難しいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク