あの頃と比較してお手頃になり選択が増えたエレアコ それでも最適を探し続ける今現在

アコギを始めて数年たった頃、猛烈に

「エレアコが欲しい!」

っていう時期が。

折しもその頃は、TAKAMINE(タカミネ)が大人気。また憧れの先輩がカッコよく弾いてたもので、そのエレアコへの物欲は高まったわけです。

当然TAKAMINEが欲しかったわけですが価格的にも厳しい状況。それ以外もお手頃で気に入ったモデルが見当たらないこともあり、エレアコを手に入れるにはそれから数年費やすことに。

その頃と比較して、現在はお手頃なエレアコをあちらこちらで見かけます。


Ibanez AEG10II 【6月入荷予定】
価格:36450円(税込、送料無料)

Ibanez(アイバニーズ)からお手頃エレアコ「AEG」シリーズに上記3色のニューカーラーが投入されるとか。

このようにどんどんお手頃なエレアコ達が市場に投入されるのを見る度、羨ましくなっちゃいます。

数年間エレアコに我慢を強いられた僕の「ひがみのような気持ち」からですが、普通のアコギ以上にエレアコが身近になりましたねぇ。

生音で勝負する必要のないライブ会場での取扱いにそこまで神経質にならないこの価格帯。選択の余地は大いにあるはず。

ちなみに、数年費やして買ったTAKAMINEはまた数年で手放すことに。エレアコ選びの自分の指針を決めつけるモデルになりましたがコレっていうエレアコに出会ってない現在。お手頃だからと、チェックをおろそかにするわけにいきません。

※参考サイト
アイバニーズエレアコ&ウクレレ、続々登場!

スポンサーリンク

スポンサーリンク