四の五の言わず「買え!」と言うなかれ 憧れの「D-35」の後ろ姿とバランスの話をもう一度

もう何度か書いたかもしれませんが、Martin(マーティン)の数あるモデルの中で一番の憧れといえば


やはり「D-35」になるかと。ドレッドノートという形は無条件に好きなので「D」は外せず、もちろん「40番台」とりわけ「D-45」は当然の羨望のモデルですがなにか「D-35」には特別な思いが。

  • 試奏の時、いい音というより気持ちいいなと思ったこと
  • 数多くのフォークシンガーに愛用されたモデル

ってことがありますが、なによりも

バックが3ピース

って事が大きいと思います...きっと。愛器「YW-1000」が3ピースという親近感。ってか、どちらかと言えば「YW-1000」の方が、見た目「D-45」でバックの見た目「D-35」のコピーモデルですから当然なのに、10代の頃は

「YW-1000」と同じだ!

と逆の考えを持ってたほど。

3ピースの理由が、良質な材の枯渇から考えられたとか「D-28」とは違い、インパクトがもう一つとか人気の面で劣勢であったりしますが、バランスっていいと思うんですよね。

「D-28」と比較してそのキャラクターの違いってブレイシングが薄く作られているからで、その分バランスが良い味付けがされている事によるものかと。

バランスが良い=高音低音も響く=低音にインパクトがない

どのように感じるかは、人それぞれ。「D-28」より少し高価ですが、断然僕は

サンゴー派

なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク