Martin(マーティン)定番の見た目のカッコよさ コピーであれレプリカであれ色褪せぬその姿

僕が一番の相棒として使っている「K.YAIRI YW-1000」。

このアコギはコチラ↓↓



をご覧いただくとわかりますが、Martin(マーティン)のドレッドノートのコピーモデル。全く同じようなモデルはないですが

前から見れば「D-41」っぽく、後ろから見れば「D-35」っぽく

で、誰が見てもMartin(マーティン)のコピーモデルだとわかるモデルのはず。ですが、「YW-1000」オーナーの贔屓目でしょうか。コピーモデルであるという引け目のかけらもなくその完成されたフォルムから、素直に

「カッコいいなぁ」

と思えるモデルだと思います。

さて、もう一つの雄Gibson(ギブソン)。こちらも様々なレジェンドがあり、それを模倣したコピーモデルが数多くあるのはご存じのとおり。


コチラ↑↑は「J-45」のコピーモデル「JY-45」。

確かにカッコよく、素晴らしいアコギだとは思います。ですが、Martinと比較した場合

よりコピーモデル感がある

と思うのは、僕だけか。僕は、「J-45」のコピーモデルは探せばもっとお手頃なモノがあるなかで、あえてこの「JY-45」を選択しているだけで男前に思いますが、中には

「あぁ~あれのコピーね」

と考える方もいらっしゃるのでは。で、そう思われる事が多いのが、M社よりG社の方ではないかと。

Martinスタイルのカッコよさはコピーであれ、なんであれカッコいいと思わせる凄さだと思いますが...いかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク