音がよく美しく楽器が楽器があるために そして自分が自分らしくアコギが弾けるために

K.YAIRIオフィシャルブログの中でのクラフトマンの道前氏の言葉。

楽器というものはまず美しくあるべきである音がよいだけでも見た目が美しいだけでも楽器は成り立たないのである

この言葉には激しく同意です。

僕はアコギの見た目についての記事が多いと言われた事がありますが、心の奥底で氏と同じ思いがあるのかもしれません。ただ


  • 音がよい
  • 美しい


という感覚は、人それぞれの主観によるところが大きいと思っていて、結局のところ究極的には

良し悪しって人それぞれ

ってところになるんだろうと。

ただ、僕の場合ちょっと考え方というか見かたがひねくれているというのか、自分がドレッドノートのような超定番が好きなくせにそれらのアコギを見ても

『ふぅ~ん』

って感じがちで、どちらかと言えば多勢に無勢もなんのその...って感じの個性的なアコギを持っている方に

『おぉ!やってるね!』

「いいね!」ボタンを押したくなるタイプ。

さてそう考えながら、道前氏の言葉を振り返れば

音はよい、美しいなんてのは一つの方向性にあらず

なんだろうと。

誰にでもにあう良さもあれば、その方だから良いってのもあるはず。

自分が似合う、または引き立ててくれるカッコよさ

これが最大のテーマかもですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク