情報化社会での中古アコギの価格設定 適正なものとそうでないものに垣間見る業者の知恵

昨日書いたように、夏の自由研究(?)へ向けて少し時間がありましたんで、

掘り出し物の中古アコギ

が販売されていないか、リサイクルショップへ。

狙いは数千円程度で、程度がほどほど良い中古

ですが、結果そうは甘くなかったです。

以前はリサイクルショップの店員さんはあまり楽器に詳しくなく、イコール相場もあまり知らないって事で信じられない掘り出し物がある...なんて言われてましたが、それはもう今は昔の都市伝説。

すっかりと相場どおり

のよう。というよりも、相場以上のようにも思えたくらい。

多くの人が欲しいと感じるようなモデルはそれなりの価格は納得できても、ほぼジャンクと思えるものも設定されている価格はしっかりとしたもの。

なんとかプレイングコンディションが保たれている定価3万円程度のものが、1万~1.5万くらい。魅力的でないですね。想像するに引き取り価格があまり付けてないのに、それなりの価格で売っているのでしょう。

考えれば、情報化社会の今。ネットで型番を検索し、状態を確認すれば価格設定に間違いないはず。

市場に需要があるモデルにはそれが反映されているようですが、あまり需要がないモデルやジャンクっぽいのは

甘めの価格設定

のよう。ですので、買う側には甘く美味しいとは言えないようですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク