クラフトマンが語る いい音のためのトップ材、いいアコギのためのトップ材の必要条件

K.YAIRIのオフィシャルブログでの、クラフトマン道前氏の記事。

色々と勉強になります。

「色々」と表現したのは、アコギに関する事を作り手側からの意見は当然ながら、話のもっていきかたから、オチのつけかたなど。激しくなく淡々と落とすのがとても参考になります。わからないかもですが、結構このブログの記事も意識して書いてます。

さて今日はそんなブログの書き方講座(?)ではなくアコギ材のよもやま話

音は振動。それを大きく美しく振動させるのか...これが作り手側からの悩みだそう。

何といっても音を決めるのはトップ材。そしてその材の特性をいかに伝えるのかがもっとも重要な事だと...語られてます。

先ほど「音は振動」としたように振動しやすい=薄いとなりますが、薄ければ薄いほど、壊れやすいわけでそれに対しては

まず音ありき、ではなく、まず丈夫ありき

という名言にて回答。見事です。

いい音が成り立つには、トップ材の特性という事と解釈すれば、いい音の必要条件が、トップ材という事。しかしそれだけではなく、いいアコギという事を考えると、丈夫である事...これが必要条件なのだとのお言葉。

道前氏語録は本当に示唆のある言葉が多いですね。

※参考サイト
K.YAIRI オフィシャルブログ「音作り」

スポンサーリンク

スポンサーリンク