便利だけでは譲れないものがある それぞれのアコギに対するこだわりに乾杯!

ライブで即戦力で便利なアコギと言えばエレアコだとまずは頭に浮かぶもの。

マイクどりが一番ナチュラルな音が拾う事ができるも、僕のようなスタンドプレイの場合は集音位置も安定せず、なによりもハウリングの問題、場所によっては、ラインどりしかできない場所も。

となれば


コチラ↑↑のようなカッタウェイモデルのエレアコがプレイアビリティ含めて人気があるのも納得。

ですが、面白かったのがあるアーティストの方のこだわり。その方、ギタープレイは信じられない程達者でヴォーカルも素晴らしく、プロのような方。

アクシデントにより、ギターが故障中で新しく物色しているが、なかなかいいのが見つからないとか。その探している条件...

「カッタウェイモデルのピックアップのついていないもの」

聞けばピックアップは決まっているとの事から付いていない方がいいそうです。で、この条件で探すとなかなか気に入るのが見つからなく悩ましいよう。

『便利だけでは譲れないものがある...』

そんなこだわり話は大好物で、そのあとアコギ談義に華が咲いたのはゆうまでもありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク