ヴィンテージの当時もののアンティークなアコギ? Gibson J-50 某楽器店限定モデル

某楽器店のホームページを見てるとGibson(ギブソン)のショップ限定モデル発売とのニュース。


それがコチラの↑↑「J-50 VOS Antique」というモデル。

ご存じのとおり、「J50」はレギュラーラインナップから外れており、限定モデルを発売される意味や意義はあるのでしょう。

さてモデル名についている「VOS」という名。

「Vintage(ヴィンテージ) Original(オリジナル) Spec(スペック)」

との事。

1940年代のモデルへの畏敬の念が強いのか。さらに、Antique(アンティーク)なんて単語もついているんでどれだけ当時モデルのオマージュが強いのか...と。

で、その「VOS」いわゆるヴィンテージ当時の仕様って何?ですが

  • アメ色の塗装
  • ペグが白でなく経年を感じさせるクリーム色
  • トップ塗装面全体に微細なキズを入れて使用感を表現

といわゆる使用感及び時代感を表現とのこと。

『...ジーンズですか?』

そんなツッコミをいれたくなるほど。見た目の使用感など、使い込んでいく歴史があるからこそいいものだと思うんですが、新品当時から

それっぽいのも

市場で需要があるんですねぇ。

結構な価格なだけに、売れ行きやいかに?って勝手に考えちゃいました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク