ただ者ではない感を漂わせるギターケースBAM「ハイテック」 それ自身が何よりただ者ではない

高校2年の春。フォークソング部に入ってきた新入生のケースを見て大いに焦ったもの。

そのケースは、僕らが持っていた楽器店がサービスでつけてくれるやわなケースではなくYAMAHA(ヤマハ)製の堅牢なケース。

『これはただ者ではない』

そのプレイどころか、アコギを見る前から感じたそのイメージ。

実際その感じたそのままに彼はただ者ではなかったわけですが、そのケースにはそのような魔力があるのも事実。現在市場を見渡せば「ただ者ではない」と思わせるケースはあちらこちらに見れますが


コチラ↑↑のBAM(バム)の「ハイテック」ギターケースなど軽量でありながら堅牢でありながらその凝った形状と見た目の素材含めて間違いなく

「ただ者ではない感が満載」

この価格のケース。僕には収納する本体がありませんが、この押しつけのある見た目も重要な要素。

確かに自分の腕に自身があればその部分にこだわる必要はないものの見た目だけではないこのケース。

憧れです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク