アコギ弾き語りライブの実践練習 本番シュミレーションの多くのメリットとほんの少しの懸念

野外イベント等で必要な機会があったので、

マイクスタンド

を購入したのが先日。

そのイベントが終わってから、あまりマイクスタンドを家で使う何てことはなく...。まぁ~ライブをするわけではないので、当然と言えば当然ですが(笑)。

で、この土日なにを思ったかマイクスタンドやマイク、さらにはミニアンプを取り出して本番さながらスタイルで練習を実践。

この練習いいです。

自宅ですからアンプから大音量を出すわけではなく、マイクそしてマイクスタンド、楽譜立てなどライブ会場さながらで練習することは有益だと。

特にマイクから離れなくして歌うこと。スタンドのプレイですから、例えば手元を見ようとしたりコード譜を追いかけようとすると、当然マイクから離れるわけ。この悪癖が、チェックできた気がします。

ライブはテンション上がってるんで、ノリで気づかいない部分があるんでしょうが練習の時はかなり意識できちゃいます。

あと、マイクに向かって歌う姿勢。マイクという一点を中心に弾き語るという事が意識できる事。これもいいですね。

いずれにせよ、より本番をイメージしてシュミレーションできるのはメリットあってデメリットなし!....あるとすれば

『家でマイクスタンドの前で歌ってるぅ~』

って家人に白い目で見られるくらいかな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク