弾き語りスタイルだからこそエレアコにこだわりたい部分がある 楽器店とのコラボモデルに注目

あるといえばありますが、メインラインでないもの。それは定番のドレッドノートやウエスタンスタイルシェイプのエレアコ。

YAMAHAのLシリーズの「L6」「L16」は確かにエレアコですが、電池のないパッシブタイプ。ここで言っているのは、アクティブプリアンプ付きのモデル。

エレアコといえば、利用シーンにおいて、ハウリング対策としてボディが薄くなっているもの。生音で重要な共鳴こそが原因となるソレを排除するためか。なので、生音はもう一つってのが多いです。

で、もう一つはカッタウェイ仕様。ハイポジションでのプレイアビリティ向上のためのコレは確かにリードなどでは重宝するも、弾き語り中心のものにとっては、ほぼその効用は関係なし。

効用がないとすれと細かいことを言えば、ボディをカットしているだけに共鳴する部分が削られているわけで、あまりメリットはなし。

それなのに

ドレッドノートのアクティブピックアップ付モデル

弾き語りで、ライブをする人にとっては需要がありますが、メインプロダクトとしてラインナップはありません。

そんな思いをユーザーに近い目線で色々と感じていたのか、某楽器店とYAMAHAとのコラボモデル。

FGX865

コチラ↑↑のモデル。A1シリーズに使われている「System 66」プリアンプを採用されている立派なエレアコモデル。

オール単板のYAMAHAドレッドノートサイズアコギとして生音を楽しみながら、エレアコとしてライブでも重宝。このようなモデルを各メーカーから色々と発売してほしいと思うのですが、いかがでしょう。

楽しみなこのモデルは、10月9日(日)発売予定とのことです。

※参考サイト
Guitar Selection「【エレアコ】島村楽器 × ヤマハ コラボレーションモデル第三弾発売!」

スポンサーリンク

スポンサーリンク