作り手側も説明不明は奥深い世界 天然材を使ったアコギがどうなるのかは神のみぞ知る

『このブランドのあのモデルが欲しい!』

とお考えの方も多いかと。

例えばGibson(ギブソン) J-45。

このアコギの音色が好きで購入される方もいらっしゃる中でそのブランドやモデル名から惹かれる人も少なからずいるはず。

憧れのモデルを手に入れることを否定をしているわけではありません。それはそれで、一つの夢の実現であり大いに意味のある事だと思ってます。

ですが、あのアコギの音が好きだからあのアコギが欲しい...とするのは、ある意味それなりの、自分に見極める力が必要なはず。

それは同じモデルであっても当たりはずれがある...という事ですが、これは作り手さえも説明できない事もあるとか。

それは数ヶ月前に、K.YAIRIのブログでクラフトマンの道前氏が

J-45のコピーモデル「JY-45」を制作した時の話

なんと、ヴィンテージGibsonらしい音が新品のソレから鳴るということ。

これが狙って制作できるのであれば市場で求める人も多いであろうものの、そうなった原因は制作した道前氏含めて不明とのこと。

実際、次ぎに制作した「JY-45」はヴィンテージGibsonの音とは違ういつもの方向性の音だったとか。

やはり天然材を使ったアコギ。人間が考えたとおりに出来上がるとは限らないのだと。やはり

完成したアコギを弾いて感じて良い

と思えたアコギが、最良の選択か。

ブランド、モデル名だけではない何かがあるからこそアコギは魅力的なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク