アコギ弾き語りとユニットでの取り組み 個性の最大化と組み合わせてのプラスアルファの違い

弾き語りが好きで、このスタイルで30年以上やってますと気づくのが、そのスタイルが染みついている...という事。先日ライブでご一緒した方に、いただいたのが

「アコギ1本弾き語りにこだわってますね」

という非常にありがたいお言葉。

確かにそのスタイルでできるだけ多くのものを表現したいと心構えは常日頃持っているものの、裏を返せば

それしかできない

という事に。

昨今はありがたい事にユニットなんかをさせていただく事があるんですが


  • リードギターは苦手
  • ハモリは苦手


とあって「1 + 1 → プラスアルファ」ができない事に頭を抱えることも。

あと音の強弱やスピードの強弱(ライブなんかでわざと走ったり)がやはりユニットでは不可能で、そのクセがどうしてもでちゃいます。

アコースティックのライブであっても編成が変われば、目指す方向性も違うので当然と言えば当然。この秋は、ユニットをさせていただく予定で、独りよがりになりがちなステージを振り返る機会も増えそう。

そんな別の方向性であっても自分の弾き語りスタイルの何らかのインプットとなり、得られるものを求めて取り組みたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク